仮想通貨

仮想通貨の取引ならCoincheck(コインチェック)を開設!

ゲームをしながらお金を稼ぐことができるBCG(ブロックチェーンゲーム)。

BCGを始めようと思っても、どのように仮想通貨を取引すればよいのか分からないと思っていませんか。

そこで、BCGなどで必要な仮想通貨を取引するためにおすすめなのが「Coincheck」です。

この記事ではCoincheckで取引をするメリット・デメリットと口コミを紹介します。

初めて仮想通貨を取引する人でも簡単に取引を始めることができるので、ぜひ参考にしてくださいね。

Coincheckとは

俳優の松田翔太さんが出演しているCMでおなじみのCoincheckとはどのような会社なのか紹介します。

また、BCGを始めるときにCoincheckを開設する理由も解説します。

Coincheckの基本情報

会社名コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)
住所〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立2012年8月28日
親会社マネックスグループ株式会社

BCGを始める上でCoincheckの役割とは

多くのBCGを始めるときの流れは次の通りです。

銀行

→国内取引所(Coincheckなど)

→海外取引所(Binanceなど)

→ゲーム内に仮想通貨を入金

まずは銀行に入っている日本円を仮想通貨に変えるために国内の仮想通貨を購入できる取引所が必要となります。

BCGを始めるにあたって国内取引所として私がおすすめするのがCoincheckです。

Coincheckで取引するメリット

Coincheckで取引を行うメリットを3つ紹介します。

国内取引所では最多の17種類の仮想通貨が取引可能

Coincheckでは国内取引所の中でも最多の17種類の仮想通貨の取引ができます。(2022年2月時点)

Coincheckで取り扱っている仮想通貨
  • BTC
  • ETH
  • ETC
  • LSK
  • FCT
  • XRP
  • XEM
  • LTC
  • BCH
  • MONA
  • XLM
  • QTUM
  • BAT
  • IOST
  • ENJ
  • OMG
  • PLT

BCGを始めるときは基本的にはETH(Ethereum)を購入することが多いですが、今後新しいゲームにも対応できるように、多くの仮想通貨を取引しているCoincheckがおすすめです。

投資初心者にも使いやすいシンプルなプラットフォーム

BCGのために仮想通貨を購入する時は、チャートなどはほとんど確認せずに必要な額の仮想通貨を購入することが多いです。

Coincheckはブラウザでもアプリでも操作画面が分かりやすく、購入したい額を入力するだけで簡単に購入できます。

シンプルな画面のため、私が使っている中でも一番使いやすいです。

仮想通貨の取引手数料が無料

Coincheckでは仮想通貨を購入したり売却したりするときにかかる取引所の手数料が無料です。

BCGに必要な仮想通貨を購入するだけでなく、仮想通貨自体の取引も一緒に行いたい方にもおすすめします。

Coincheckで取引するデメリット

Coincheckを利用するデメリットもあります。

レバレッジ取引はできない

CoinCheckはレバレッジをかけた仮想通貨取引はできません。

そのため、入金した金額以上の取引はできないため注意が必要です。

一度「流出事件」を起こしたことがある

2018年1月にCoincheckで仮想通貨ネム(XEM)のハッキング流出事件が起きました。

約580億の流出となり、大きな話題となりました。

その後、Coincheckはセキュリティ体制を強化し、2020年にはアプリダウンロード数No1の人気の取引所となっています。

CoincheckはBCGの取引にもおすすめ

仮想通貨をBCGを始めるために取引をしてみたいという方にはCoincheckがおすすめです。

取引手数料が無料で、簡単に操作することができます。

一度流出事件を起こしたと心配される方もいらっしゃるかと思いますが、現在はマネックスグループの傘下に入り、十分なセキュリティ強化がされています。

ぜひCoincheckを開設して、BCGを始めてみませんか。

コインチェック