DINKs

DINKsはずるい?むかつくって思われるのはなぜ?

DINKsに対して、ずるいという気持ちがある方もいるのではないでしょうか。

インターネットで検索をするときも、DINKsと入れるとずるいむかつくといった予測変換が出てきますよね。

この記事では、DINKsがずるいと思われてしまう理由について、実際にDINKsである私たち夫婦の意見を紹介します。

DINKsがずるいと思われる理由

DINKsがずるいと思われてしまう理由は、次の3つがあります。

  1. 楽しているように見えるから
  2. 本当は子供が欲しくなかったから
  3. 少子化問題を加速させるから

それぞれについて、詳しく解説していきます。

楽しているように見えるから

DINKsがずるいと思われる理由の1つ目は、楽しているように見えるからです。

子育てをする予定の夫婦は、次のような悩みを抱えていることが多いです。

妻の悩み
  • 女性にとって出産は100%安全ではなく、最悪の場合命を落とすリスクがある
  • 妊娠中からアルコールはだめ、刺身はだめ、と生活を制限される
  • 子供が生まれた後は24時間体制でのお世話をしなければならない
夫の悩み
  • 男性側もまだまだ育児休暇がとりやすい環境ではない
  • 仕事をしながら産後で弱っている奥さんをフォローしつつ、育児を行う必要がある
  • 子供が生まれた後は自分や夫婦の時間がなくなる

一方で、DINKsだと夫婦2人の生活なので、時間にもお金にも余裕があるように見えます

自分は育児でこんなにも大変な思いをしているのに、DINKsは楽をしているように見えるので、ずるい・むかつくと感じてしまうのでしょう。

本当は子供が欲しくなかったから

DINKsがずるいと感じる理由の2つ目は、本当は子供が欲しくなかったからです。

私たちの親世代では、男は仕事をして家族を守る、女は子供を産んで家庭を守るという生き方以外は認められていませんでした

本当は家庭に入らずに仕事を続けたかった、専業主婦としての生き方が合わなかったと感じている女性にとって、DINKsの生き方は理想だと言えます。

もし過去に戻れるとしたら、子供を産まないという選択肢を選びたかったと感じている方は、子供を産まないと選択したDINKsに対してずるい・むかつくと感じてしまうのでしょう。

少子化問題を加速させるから

DINKsがずるいと感じる理由の3つ目、少子化問題を加速させてしまうからです。

生物学的には子孫を残すことこそが生きる目的で、子供をあえて作らないなんてありえないと考える方も多いです。

特に日本は人口減少が問題になっていますが、子供を作らない夫婦が増えることでさらに加速するのではないかと懸念されています。

その考えから、DINKsに対してむかつくという感情を抱くのでしょう。

DINKsがずるい・むかつくと言われるのは仕方ない

私たちはDINKsがずるい・むかつくと言われることに対して、言われるのも仕方ないと納得しています

なぜなら、ずるい・むかつくと思われるほど私たちは幸せな生活ができているからです。

もちろん、いくら大変な生活だとしても、子供がいることによる幸せがあることは理解できます。

しかし、私たちは夫婦2人の生活が幸せだと思ったので、DINKsという生き方を選択しました。

DINKsがずるいと言われても考えを変える気はない

DINKsだからずるい・むかつくと言われることもありますが、私たちは考えを変える気は全くありません

世間では「結婚したから子供を作る」という考えが多数派ですが、私たちはそれは固定概念だと思っています。

そのため、絶対に子供を作らないといけないという考えは間違っていると思っています。

これからDINKsとして生きていくのか迷っている方には、「何が幸せなのか」を夫婦で話し合うことをおすすめしたいです。

好きな人と幸せになるために結婚しているのですから、幸せのために本当に子供が欲しいのか考えてみてください。