うさぎ

うさぎの換毛期のブラッシング方法を紹介!自宅でコミュニケーションの一環としてやってみよう

うさぎの毛が生え変わる換毛期は年に2回あり、毛を飲み込み過ぎないようにブラッシングをしてあげる必要があります。

ブラッシングに必要なグッズや実際に私が源君に対して行っている方法を紹介します。

うさぎのブラッシングはお風呂に入らないから

うさぎはお風呂に入れる必要はありません。

なぜならうさぎの体には汗腺がなく、汗をかかないからです。

うさぎを飼い始めて驚いたことの1つとして、1日に何度も毛づくろいをして体を舐めていることです。

基本的にはうさぎ自身が行う毛づくろいで体はキレイになっています。

むしろ、うさぎをお風呂に入れることは推奨されていません。

万が一排泄物などで体が汚れてしまった場合はタオルでティッシュなどでふき取ってあげましょう。

うさぎのブラッシングが必要になる換毛期とは

うさぎは季節の変わり目に毛が生え変わる換毛期があり、春と秋の年に2回起こります。

しかし、換毛期は個体差が大きく、1年以上毛が生え変わらないうさぎもいます。

うさぎの換毛期を見分ける方法としては、抱っこをして服に毛が付くくらい抜けているかどうかで私たちは見分けています。

毛を飲み込みすぎると毛球症に

うさぎは猫のように毛を吐き出すことができない動物なので、なるべく毛を食べさせないように注意する必要があります。

糞が数珠のようにつながっている状態だと、毛をたくさん食べてしまっていることのサインなのでトイレ掃除中に確認してくださいね。

換毛期は毛が生え変わるため多くのエネルギーを必要とします。

換毛期中のエサは以下の通りにし、なるべくお腹の調子を整えられるように配慮しています。

  • ペレットの量はそのまま
  • 牧草(チモシー)はいつも以上に食べてもらうように工夫する
  • サプリメントをいつもより少し多めに
源
いつもよりもチモシーをいっぱい食べているよ!

子うさぎはブラッシングしすぎに注意

子うさぎのうちはベビーファーという柔らかい毛が生えています。

ブラッシングすればしただけ抜けてしまうので、ブラッシングは不要です。

私たちは生後5か月ごろからブラッシングを慣れさせるために始め、生後6か月を過ぎた頃に毛が抜け始めたので本格的にブラッシングをしています。

うさぎのブラッシングをしてみよう

ブラッシングをする秘訣はうさぎが抱っこや撫でられることに慣れているかです。

ブラッシングをする頻度は換毛期中は1日に1回、それ以外は週に2回程度行っています。

ブラッシングに必要なグッズ

ブラッシングのために用意するものを紹介します。

ブラシ

ブラシはラバーブラシとスリッカーブラシの2種類あります。

ネザーランドドワーフなどの短毛種の場合、毛が絡んで毛玉になることはほとんどなく、短い毛も絡めとりやすいラバーブラシがおすすめです。

なるべく小さいものを選ぶと顔周りや足などの細かいところもブラッシングしやすいですよ。

グルーミングスプレー(水を入れた霧吹きでも可)

手をグルーミングスプレーや水で濡らした状態でうさぎを撫でるハンドグルーミングという手法もあります。

私たちはラバーブラシでブラッシングした後に表面に残っている毛を集めるためにハンドグルーミングを行っています。

私たちは100円ショップで購入した霧吹きに水を入れて使っていますが、グルーミングスプレーを使うと毛ツヤがより良くなるようです。

コロコロクリーナー

着ている服に大量の毛が付きますので、最後にコロコロクリーナーを使います。

上でも紹介したように、換毛期中は抱っこするだけで毛まみれになるのでうさぎ飼いにはコロコロクリーナーは必須です。

マスク

想像以上にうさぎの毛が舞います。

うさぎのアレルギーを発症させないためにも、毛を吸い込まないようマスクは必須です。

ブラッシング方法

実際にブラッシングを行う場所や手順を解説します。

ブラッシングをする場所

ブラッシングをする場所としておすすめなのが、お風呂場です。

おすすめする理由は2つあります。

  1. うさぎが普段行かない場所だと、抱っこから逃げにくいから。
  2. ブラッシングで抜けた毛をシャワーで流せるから。

私は普段お風呂に入る前にブラッシングを行っています。

ブラッシング後は髪の毛にまでうさぎの毛が付いていることも。

ブラッシングの手順

  1. うさぎを抱っこしてひざに乗せ、撫でて落ち着かせる。
  2. ラバーブラシでブラッシングする。
  3. 体の表面に残っている毛を水に濡らした手で体を撫でてでとる。

まずは背中~お尻にかけてブラッシングして嫌がらないか様子見をしましょう。

さらに前足と後ろ足の間から横腹あたりをブラッシングしてみてください。

顔周りとお腹は嫌がるうさぎが多いですが、少しずつ慣らしながら試してみましょう。

可能であれば、うさぎを仰向けにしてしっぽ・足・お腹もチャレンジしてみましょう。

源
僕はブラッシング中は気持ちがいいから、大人しくしているよ!

ブラッシングをしてうさぎの健康を守ろう

うさぎがブラッシングに慣れてくると、とても気持ちよさそうにリラックスしてくれます。

ブラッシングは毛をとるだけでなく、血流を良くするマッサージ効果もあるからです。

換毛期が来る頻度や抜ける毛の量はうさぎによって個体差が大きいので、うさぎの状態をよく観察して適切なお手入れをしてあげてくださいね。