うさぎ

うさぎをお迎えして1週間までの過ごし方!体験談を紹介

うさぎを飼い始めたばかりの時は、どのように接すればいいのか手探り状態ですよね。

お迎えしてから1週間くらいまでのうさぎと接し方を体験談と共に紹介します。

私たちは3日目にあまりエサを食べてくれなくて、少し焦った経験がありました。

うさぎをお迎えして1週間の過ごし方①:お迎えした日

うさぎをペットショップから引き取る時は、できればキャリーを購入してあげるとよいでしょう。

 

家に連れて帰ってきたら、ケージを組み立てて必要なグッズを揃えてうさぎを入れてあげます。

うさぎを家にお迎えする前にケージを先に購入して組み立てて置くほうがうさぎの負担が少ないです。
しかし、ケージを組み立ててグッズを入れるだけであれば1時間くらいで準備できるため、ケージを置く場所を決めて掃除しておくだけでも大丈夫ですよ。

ケージに慣れてもらうために、お迎えした日はあまりケージに近づかずそっとしておきましょう。可愛くて気になりますが、遠くから見守ることをおすすめします。

布などでケージを目隠しをしてあげるとより安心できるので、準備しておいてくださいね。冬であれば冷気も遮断できるブランケットがおすすめです。

うさぎをお迎えして1週間の過ごし方:2~3日後

うさぎをお迎えして2~3日はトイレ掃除やエサあげくらいのお世話をしてあげましょう。

うさぎがケージの中でくつろぐ様子が見えたら、ケージの中でのふれあいを少しずつ始めてみてもいいですよ。

またエサや水の量が1日でどれくらい減っているかをチェックし、全く減っていない場合はペットショップや動物病院に相談してみてください。

私たちが源君をお迎えした時は3日目にあまりエサを食べていないため、うさぎ専門店に相談しました。

毛づくろいをしたり水を飲んだりしてぐったりしているわけではなかったので様子見していると、夕方以降にペレットをもりもり食べ始めて一安心した経験があります。

うさぎをお迎えして1週間の過ごし方

お迎えして1週間経つとうさぎがケージにくつろげるようになり、撫でられることにも慣れてきます。

ケージから出して抱っこをしてみましょう。お尻を固定すると暴れずに抱っこすることができます。ケージに戻ろうと暴れることが多いので、抱っこしたらケージから離れると落ち着きやすいですよ。

うさぎとのコミュニケーションやお世話をするために抱っこはできると良いですが、どうしても苦手なうさぎはいます。

ペットショップにいた頃はケージ内だけで過ごしていたため、部屋の散歩は急いでしなくても心配はありません。むしろ「自由に動きたい!」と遊んでいる部屋の散歩中に抱っこすると嫌われてしまうので、抱っこに慣れてから部屋の散歩を始めることをおすすめします。

うさぎをお迎えしてから1週間後の過ごし方

うさぎをお迎えしてから1週間たった後は、ケージの中にも慣れ、ケージの外に興味を示すようになります。

うちの源君も、外に出たくてケージを噛みだすようになったため、外に出してあげました。

ただし、うさぎが外に慣れるまでは、時間を決めて外に出してあげた方が良いです。最初の内は30分で、慣れてきたと思ったら、1時間、2時間と伸ばしていくと良いかと思います。

うさぎは繊細なので、お迎えしてから1週間は注意を

野生のうさぎは常に敵を警戒しながら生きているため、環境が変わると食欲が落ちることがあります。特に子うさぎの場合はまだ体も弱いため、お迎えして1週間以内の突然死という状況もまれにあるそうです。

最初はうさぎがケージ内に慣れてくれるのを待ち、それから人間とのコミュニケーションに慣れてもらいましょう。部屋の散歩はその後でも大丈夫です。

うさぎの部屋んぽ!広さや時間はどうする?私の方法を紹介しますうさぎを部屋の中で散歩させることを、うさぎ飼いの中では「部屋んぽ」と呼んでいます。 ただ、うさぎを家の中で散歩する時はどのくらいの...