小説家になろう

VRMMOの世界へ!小説家になろうの「ゲーム」系おすすめ7選

小説家になろうには様々なジャンルがありますが、その中でも異世界に関する作品が多く登録されています。

異世界の設定の中で特徴的なのが、ゲームの世界に転生してしまう設定です。

私たちが今まで読んだゲーム系の中で、おすすめな7作品をランキング形式で紹介します。

小説家になろうのゲーム系の特徴とは?

主人公はVRMMOと呼ばれる、仮想現実世界を体験するゲームのプレイヤーであることが多いです。
ゲームをプレイ中にそのままゲームの世界に入り込んでしまったり、転移してしまった異世界が、ゲーム設定そのものだったりします。

主人公はプレイヤーだったころの知識を活かして、有利に戦いを進めたり、効率的に成長したりする展開になります。

レベルやステータス、スキルなどのゲームならではの要素が、ストーリーを面白くしている印象です。また、ゲームをやったことがある人ならば、設定を理解しやすいです。



【おすすめ第1位】オーバーロード

モンスターとしてVRMMOゲームをプレイしていた主人公が、不死者という骸骨姿のままゲーム内に転移する物語です。

主人公は最初から強く、ダンジョン内のモンスター達からも慕われています。
中でも守護者と呼ばれる強力なモンスターは、それぞれ個性的なキャラクターが多いです。

主人公がただ強い能力で活躍するのではなく、敵となるリザードマンや、人間側も強く深堀されている作品です。
そのため、物語が単調になることもなく、飽きない展開が楽しめます。

また、ゲーム世界への転移という設定も生きており、魔法やアイテム、スキルなどの細かい設定に作り込みを感じます。
アニメ化もされており、非常におすすめできる作品だと思います。

作品名オーバーロード
作者丸山くがね
アニメ化第1期:2015年7月~9月
第2期:2018年1月~3月
第3期:製作決定
完結or連載or中断連載(書籍版にて連載)

【おすすめ第2位】この世界がゲームだと俺だけが知っている

主人公は通称「猫耳猫」というVRMMOの世界に転移します。
他の作品と一味違うのは、転移先がただのゲームではなく、バグ満載のバグゲー世界ということです。

ゲームの設定を活かすのではなく、バグや仕様を逆手にとって無双(?)します。
壁抜けや攻撃判定のズレなど、ゲームをやったことがある人ならピンとくるバグがたくさんあり、それが物語の面白さとなっています。

シリアスっぽさを出そうとすることもありますが、基本的にギャグのため、笑いながら楽しく読むことができますよ!
VRMMOゲームをプレイしたことがある方はもちろん、ゲームをあまりしない方にもおすすめしたい作品となっております。

作品名この世界がゲームだと俺だけが知っている
作者ウスバー
完結or連載or中断完結

【おすすめ第3位】デスマーチからはじまる異世界狂想曲

ブラックなゲーム制作会社に勤める主人公が、VRMMOのゲーム世界に転移します。
そして、初っ端にチートスキルを使っていきなりレベル300越えします。

主人公が最初からめちゃくちゃ強く、まさにチートといった印象です
ステータスやスキルといった設定があり、ゲームの世界観がしっかりと描かれています。

主人公の元には仲間が集まっていくのですが、幼女が多いです。(主人公はノーマル)
仲間たちとワイワイと楽しく旅をしているシーンが多く、そういった雰囲気が好きな方におすすめしたい作品です。

作品名デスマーチからはじまる異世界狂想曲
作者愛七ひろ
アニメ化2018年1月~3月
完結or連載or中断完結

【おすすめ第4位】アビス・コーリング〜元廃課金ゲーマーが最低最悪のソシャゲ異世界に召喚されたら〜

アプリゲーム「アビス・コーリング」の世界に主人公が転移し、廃課金した知識で冒険する物語です。

主人公が「廃課金ゲーマー」というのが特徴で、物語で発生する問題ごとは課金で解決しようとします。
また、主人公がかなりのゲーム脳で、課金をしたことがある人ならわかる気持ちを代弁してくれます。

個人的には主人公の召喚モンスターである「サイレント」がいいキャラで好きですね。
悪態をつく主人公に冷静に突っ込みを入れたり、性格の悪さをぶった切ります。

ゲーム系のちょっと変わったお話を読みたい方におすすめしたい作品です。

作品名アビス・コーリング
〜元廃課金ゲーマーが最低最悪のソシャゲ異世界に召喚されたら〜
作者槻影
完結or連載or中断完結

【おすすめ第5位】ライブダンジョン!

主人公がダンジョン攻略系のゲーム世界に転移する物語です。
100階層まであるダンジョンを攻略する設定となっており、10の倍数の階層ではボスモンスターとのバトルがある等、ゲームならではの設定が盛り込まれています。

また、主人公はヒーラー職なのですが、転移した世界ではヒーラー職が不遇扱いされています。主人公がヒーラー職の復権のために奮闘するお話も見どころの一つですよ。

主人公はパーティでダンジョン攻略を進めていきますが、パーティを組む仲間達も魅力的なキャラが多く、パーティバトルならではの面白さを楽しめる作品となっています。

作品名ライブダンジョン!
作者dy冷凍
完結or連載or中断連載(小説家になろうでは完結)

【おすすめ第6位】ログ・ホライズン

主人公がプレイしているVRMMOの世界に転移するところから物語が始まります。
ゲームをプレイしていた数万人規模のプレイヤーも転移しており、地球への帰還方法を求めて奮闘していく物語です。

主人公はもともとトッププレイヤーですが、前線に出てバリバリ戦うよりは参謀系の職業として活躍をします。
そのため、パーティ全体でのバトルが描写されており、ゲームのパーティバトルならではの楽しさを味わえますよ!

パーティメンバーとの掛け合いも面白く、MMORPGをプレイしているかのような面白さがある作品だと思います。

作品名ログ・ホライズン
作者橙乃ままれ
アニメ化第1期:2013年10月~2014年3月
第2期:2014年10月~2015年3月
第3期:2021年1月~3月
完結or連載or中断中断(書籍にて連載中)

【おすすめ第7位】くまクマ熊ベアー

くまの着ぐるみセットを着た女主人公が、プレイしているVRMMOの世界に転移してしまうう物語です。
タイトルでも分かると思いますが、物語は「くま」推しです。

主人公はくまの着ぐるみセットを着ているときは最強で、異世界でも特に苦労することもなく生計を立てていきます。
そのため、基本的に暗い話は無く、気軽に読める作品だと思います。

着ぐるみセットを脱ぐと一般人レベルの能力になってしまうため、基本的にくまセット外しません。
本当に「くま」に突き抜けた作品ですので、少し変わったお話を読みたい方におすすめだと思います。

作品名くまクマ熊ベアー
作者くまなの
アニメ化第1期:2020年10月~12月
第2期:製作決定
完結or連載or中断連載

「ゲーム」のおすすめ作品まとめ

以上7作品が、ゲームのジャンルについておすすめする作品です。

ゲームの設定は馴染みのある方が多いでしょうから、少しでもプレイした経験があればわかりやすいのが良い点だと思います。

また、パーティバトルや個性的な仲間達とのやり取りを楽しめる作品が多く、ワイワイとした雰囲気を楽しめます!

ステータスやレベルの要素はもちろん、バグなどの変わった要素まで取り入れた作品もありますので、一度ゲームのジャンルで作品を探してみることをおすすめします。