旅行

【2021年5月】TDL体験記~アトラクション編

2021年5月14日(金)に東京ディズニーランドへ行ってきました。

その日のアトラクションの運営状況や待ち時間について紹介します。

アトラクションでのコロナ対策

並ぶ間隔は黄色い線で区切られていて、待ち時間のソーシャルディスタンスは確保されていました。

アトラクションの乗り物もビックサンダーマウンテンは1列飛ばし、乗客同士の距離が近くなる場合は透明フィルムで仕切られていました。

アルコール消毒はアトラクションを乗り終わった後の出口に設置されていました。

乗り物自体の消毒作業を見かけることはありませんでした。

エントリーが必要な2アトラクション

2021年5月時点でエントリーが必要なアトラクションは2つあります。

結論としては、どちらのアトラクションも乗ることができました!

実際の開園時間は8時30分

公式HPでは9時開園でしたが、アナウンスで「混雑回避のため8時30分に開園いたします。」と流れました。

8時に舞浜駅到着しボンボヤージュで買い物してから並びましたが、前から10組目くらい並ぶことができました。

スマートフォンのアプリで入園したチケットを登録するとエントリー受付をすることができます。

8時55分までなら、9~11時までのエントリーをすることができるので、おすすめです。

ベイマックスのハッピーライド

まずは「ベイマックスのハッピーライド」のエントリーを9~11時の枠で行いました。

ジュンヤ
ジュンヤ
ディズニーランドへ行くと決めてから、ベイマックスのDVDを見て予習するくらい好き!

見事、10時25~55分の枠に当選しました!

アトラクションの入り口で機械にエントリーした画面をスキャンします。

待ち時間は10分もかからなかったです。

ノリノリの音楽に合わせて、ベイマックスに引っ張られながら不規則な動きの乗り物に乗るアトラクションです。

思ったよりも回転が速いので、スリル満点でした。

美女と野獣”魔法のものがたり”

エントリーしようとしましたが、15時くらいまで予定が埋まっていたので、13時に15~17時の枠でエントリーする予定でした。

しかし13時を過ぎてもエントリーの枠が出ないため、アトラクションのスタッフに確認したところ「13時30分からはエントリー不要で乗れるようになります」と言われました。

入園者が少なく混雑しないと判断されると、エントリーの受付を停止しスタンバイで乗れることもあるそうです。

12時25分~の「ミッキーのマジカルミュージックワールド」を見てから美女と野獣の前を通ると、既にスタンバイで乗車可能となっていました。(12時55分くらい)

待ち時間がほとんどなくアトラクションの乗ることができました。

城の中はとても凝った装飾がされていて、並んでいる間も楽しく過ごせそうでしたが。

乗り物は前列4名、後列6名の10人乗りでしたが、間に透明の飛沫防止フィルムがありました。

アトラクションの中も装飾や演出がとても素敵で、美女と野獣好きの方にはおすすめのアトラクションでした。

アトラクションのスタンバイパスは発行なし

各アトラクション1日1回だけ乗ることができる「スタンバイパス」は発行されていませんでした。

どのアトラクションもほとんど待ち時間がなく、スタンバイパスの必要性がないからだと思います。

1日で乗ったアトラクションは以下の通りです。

  • ビックサンダーマウンテン
  • モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク”
  • ベイマックスのハッピーライド
  • プーさんのハニーハント
  • ロジャーラビットのカートゥーンスピン
  • 美女と野獣”魔法のものがたり”
  • オムニバス
  • 白雪姫と七人のこびと
  • 空飛ぶダンボ
  • ピーターパン空の旅
  • ピノキオの冒険旅行
  • ホーンテッドマンション
  • ウエスタンリバー鉄道

一番長かった待ち時間は25分のウエスタンリバー鉄道で、並んでから3周目の乗車でした。

いつも並んでいる場所を歩いていくとすぐに乗り場に付くアトラクションがほとんどでした。

特に印象的だったアトラクションを紹介します。

オムニバス

2階建てのバスに乗ってシンデレラ城前の広場を1周します。

ディズニーランドのエリアの説明を聞きながら、優雅に楽しめました。

たまたま乗り合わせたベテランの夫婦に、「オムニバスは進行方向に向かって左側の席に座った方が良い」と教えてもらいました。左側だと窓から移り行くエリアを眺めることができるからです。

空飛ぶダンボ

小さい頃に親と乗った記憶があるものの、いつも40分待ちなど意外と並んでいて乗ることをあきらめていました。

大の大人2人で久しぶりに乗りましたが、童心に帰ってはしゃぎました。

白雪姫と七人のこびと

これ、子供向けのアトラクションですか?と思うほど不気味な雰囲気が終始続きました。

王子様も出てこなくて、最後はバッドエンドだったような…

ホーンテッドマンション

コロナ対策のためか、建物内の広場での物語の序章の説明なしでした。

すぐに乗り物に乗れてよいのですが、少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

待ち時間はほとんどなしで乗り放題

ほとんどのアトラクションでほとんど待たずに乗り物に乗ることができました。

5,000人という制限では経営が難しいことは承知していますが、とても満足度の高い1日を過ごせたという感想です。

ABOUT ME
古泉葵
おいしいものを食べるのが大好きな専業WEBライター。お取り寄せグルメや食材宅配など、日々おいしいもの探しに励んでいます。